冬馬「よっしゃ、ドラマの仕事が来たぜ!」