C.C.「んー、ルル……スキ……」