撫子「え、どうして……円高?」